トップページ > 雪むろ米

ありがとうございます。
22年度産 雪むろ米売り切れました。

23年度 雪むろ米は5月発売予定となります。

売上金の一部を義援金として被災地の方へ


3月11日の「東日本大震災」で被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

うおぬま倉友(そうゆう)農園では微力ながら

雪むろ米 5kg 1袋につき 500円を義援金として日本赤十字社を通じ寄付させて頂きます。

2011年8月10日、6月7日 日本赤十字社へ振込させて頂きました。>>>






魚沼コシヒカリ


わたくしども「うおぬま倉友(そうゆう)農園」は

魚沼の中でも
旧塩沢町産コシヒカリにこだわり
生産と販売を行っております。


多くの方は新潟魚沼地域とは非常に限られた場所、
というイメージをお持ちなようですが、

実は面積から言いますと
およそ新潟全体の1/4 25%程度の広さになりますので
相当広い範囲を魚沼産と総称しています。


南魚沼郡
中魚沼郡
北魚沼郡の総称が 魚沼です。


その中の「塩沢町」は
南魚沼郡(湯沢町、旧塩沢町、旧六日町、旧大和町)の塩沢町のことで


日本初のノーベル文学賞受賞者、川端康成が常宿とした温泉や数多くのスキー場がある 湯沢町(越後湯沢)が隣町です。


その塩沢のコシヒカリは
「魚沼の中でも塩沢は美味しい」と高く評価されているコシヒカリです。

あっ
ちなみに塩沢の生んだ有名人は、お笑い芸人の鈴木Q太郎(ハイキングウォーキング) 長髪のほうです^^


こんな塩沢を愛してやまない「うおぬま倉友(そうゆう)農園」は


毎日あなたの美味しい笑顔^^が嬉しくって


ただただ
それだけのために〜



こんな感じの農園です。





南魚沼、塩沢は日本有数の豪雪地、
その雪が清らかで豊かな『水』を育み、山々に囲まれた環境は
澄んだ空気を生み出し、
そこに更に真っすぐで正直な塩沢の人の手で
慈しみながら育て上げたコシヒカリ。
「うおぬま倉友農園」が丹精込めて育てた米を
雪の冷熱エネルギーを活用した雪室で保管しました。




【雪むろ米】???


えーまず天に願いを込めて、雪が降りますようにぃ・・・



あっ
ここからではないですね(^^;


昨年秋に収穫した新米を一年中雪のある

雪室(ゆきむろ)に

貯蔵し、美味しくなるのを約半年間じーっと待ちます。


するとどうでしょう


甘みが ぐっ と増して、
いつもの米よりもずっと美味しくなっているじゃないですかぁ―


雪の力 恐るべし

ここ最近では
雪下にんじん など有名ですが野菜、酒、米も美味しくなるんです。



では
簡単にその仕組みを

まず
野菜や米も呼吸をしています!
呼吸をすることで酸化が進み品質、味が損なわれていきます。

この呼吸を止めるには米を仮眠状態にするため低温10℃以下で貯蔵する。


すると
米の酸化は止まり、さらに長期間この状態に貯蔵することで旨味成分が増して


それは

  それは

 ばかうんめぇ

【雪むろ米】へと進化します。


昨年2011年10月に収穫した
【塩沢産】コシヒカリを今現在も雪の中で貯蔵しています。







いよいよ田植え始まりました。


  この、"溝切り"みぞきり 作業をすることによって、水はけを良くし、水を張るときも素早く出来ます。従って、稲が丈夫になり、おいしい”米作り”に繋がります!!   また、この手間が稲刈りの時に田んぼが硬くなり作業がし易くなるという利点もあるんです。   手間を惜しまず美味しい米作りに精を出す、片桐英夫。

   ”ひえ抜き” と言う、草取り作業のことです。通常は除草剤で雑草の駆除を行いますが、除草剤を使用しないので、草取りをしなくてはならない大変”骨の折れる”作業です。

除草剤や農薬は雑草だけに作用する?少なからず稲にも影響はある!だから農薬を通常よりも限りなく減らした米作りに向かい合っています。

   片桐英夫と高橋の二人が、美味しいお米作りの為に、汗して頑張ってます!!



美味しいには訳がある

越後平野は、対馬海流の影響で冷害が少なく日本海側気候のため、夏季に晴天日が多く日照時間が長いため登熟(とうじゅく)は良い。

魚沼は、盆地のため気温の日較(にちかく)差が大きく稲の消耗が少ないため澱粉の蓄積条件が良く大粒の良質米ができる。

登熟期間の平均気温はコシヒカリの最適登熟気温(24℃)に近い地域のため、食味に関係する澱粉のアミロース含有率が低くなり粘りが増す。
ウィキペディアより


登熟(とうじゅく)とは
穀物の種子が次第に発育・肥大することを登熟と言います。
稲穂が出て、開花・受粉すると登熟を開始します。稲の場合は、開花から約40〜50日間が登熟期です。稲は光合成によりデンプンを生産し、胚乳に溜め、稲の種子であるお米を充実させていきます。











3月11日の「東日本大震災」で被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

うおぬま倉友(そうゆう)農園では微力ながら

雪むろ米 5kg 1袋につき 500円を義援金として日本赤十字社を通じ寄付させて頂きます。

2011年8月10日、6月7日 日本赤十字社へ振込させて頂きました。>>>


ありがとうございます。
22年度産 雪むろ米売り切れました。

23年度産 雪むろ米は5月発売予定となります。


雪むろ米 塩沢産魚沼コシヒカリ

雪むろ米の保存方法

 この雪むろ米は、約2〜4℃で保管していたお米になりますので、 より美味しくお召し上がりいただくためにも冷蔵庫での保管をお勧めいたします。
冷蔵保管が出来ない場合には、涼しい場所に置き出来るだけ早めにお召し上がり下さい。

発売は2012年5月



ご予約特別価格 4,800円税込
容量
ご予約価格 通常価格
5Kg
4,800円
5,040円

容量

数量

トップページ > 雪むろ米

トップページ  お支払い送料  はざ掛け米  雪むろ米  棚田米  魚沼【塩沢産】コシヒカリ